2014年05月25日

W洗顔不要の炭酸クレンジング

恋するコスメの肌ナチュールシリーズから炭酸クレンジングが出ました。
ボトルを押すとシュワシュワ泡が出てきて、肌にのせて、やさしくマッサージするようにやさしく撫でていると、みるみるメイクが浮いてきて、泡が美容液に変わるような感覚を感じるという、初めての体験的な炭酸クレンジングです。
商品名は肌ナチュール リッチ・モイスト・クレンジング とちょっと長い・・・。

一度クレンジングをした後に、もう一度シュワシュワ泡をのせると、今度は炭酸パックになります。
一度はやってみたい炭酸パック。
クレンジングだけでも気になる毛穴の黒ずみや汚れをとってくれると評判です。
@cosmeでも、まだ商品が出たばかりということもあり、口コミは少ないですが、ウオータープルーフや濃いめのメイクもスルッととれて、洗いあがりも突っ張らないと評判はよろしいです。

濡れた手でもOK、お風呂場でもOK、W洗顔不要というのが私は気に入っています。
基本お風呂場で全てを済ませたいタチなんです。メイク落としは洗面所でとか分けてなんて、そんな面倒くさいことはやってられません^^;
でもキレイにはなりたい
肌を整えるには、塗ることよりもメイクや汚れをしっかり落とすこと。
でないと次に塗るものも入らない。
肌の厚みはティッシュ1枚なんだそうです。だから洗い過ぎは禁物。

肌ナチュール リッチ・モイスト・クレンジングは、炭酸、ゲルマニウム、温泉成分を始めとした53種類の美容成分がつまっています。
パラペン、合成香料、合成着色料、鉱物油は不使用です。




posted by おリん at 22:33| スキンケア | 更新情報をチェックする

2013年11月09日

スキンケアのロングセラー「水の彩」

水の彩りは、滋賀県は近江八幡市に彩生舎という会社で作っておられる低刺激性クリーム、オールインワンゲルです。

今のようにオールインワンゲルがあっちでも、こっちでも出始める前のことかもしれません。なので発売当初は低刺激性クリームということで売りだされたようです。

水の彩がこの世に誕生したのは1995年のことで、今から18年も前のことです。それ以来500万個が販売され、リピート率は89.7%です。あたりまえのことですが、100人のお客さんが購入され、そのうち89人(殆ど90人)の方がまた購入されるってちょっとスゴイことだと思いました。

水の彩の誕生のきっかけは近畿の水瓶、琵琶湖に淡水赤潮が発生し、琵琶湖の大切さ、水の大切さを人々が意識し始めた時、彩生舎は日本で初めて浄水器を輸入販売され、そのことがきっかけで浄水器を通した真水が、アトピーなどで悩んでおられた方の悩み解決になったということから始まったそうです。

この浄水器の水は
逆浸透膜*浄水装置で、科学的処理や加熱処理を一切行わず、水の中に含まれる不純物をほぼ100%取り除いた「真水=肌に必要なピュアな水」です。

当初は生協を中心に売られていました。
なので、お母さんから娘さんにと引き継がれ、商品もロングセラーながら、お使いになっておられる方も長きにわたって使っておられます。

ひょっとしたら、このブログの読者の方で、名前は知っているという方もおられるかもしれませんし、使っておられる方もおられるかもしれません。

水の彩には2種類あり、サッパリタイプのものとヒアルロン酸ナトリウムとコラーゲンやスクワランも入ったしっとりタイプの水の彩Sの2種類があります。
口コミを見ていますと、夏はサッパリタイプの水の彩、冬はしっとりタイプの水の彩Sを使い分けておられる方もいらっしゃいました。
これからは乾燥の季節ですので、しっとりタイプがいいかもしれません。

はっきり言って、これでエイジングケアは無理と書いておられる方もおられましたが、基礎化粧品がこれ1つでOKなので、水の彩Sのお徳用ビッグゲルを購入すると270gで6,615円。4~5ヶ月もつと書いてありますので5ヶ月使用で1ヶ月換算すると1323円ってめっちゃ安いと思いませんか?送料は無料です。40日間の全額返金保証もついていますので、良心的です。

化粧水、乳液、美容液がこれひとつで、このお値段は絶対お得で安いと思いました。


posted by おリん at 18:45| Comment(0) | スキンケア | 更新情報をチェックする

2013年11月02日

咲水(さくすい)

乾燥肌ですか?
私はすごい乾燥肌です。

フツーの水のような化粧水だと、この時期、めんどうになるくらい重ねづけで、ようやく突っ張り感が消えるというくらいつけるか、乾かないうちに速攻乳液つけてごまかし、その乳液も乾かないうちにクリームも塗ってしまって蓋をする的な乾燥肌です。
でも、悲しいことに年齢肌のせいか染みこむのにも時間がかかり、ベタつく。。。
まあ、こんな塗り方してたらしょうがないのですが。

そんな私が、
スイゼンジノリが成分という物珍しさにひかれて
「咲水」というスキンケアローションのお試しをしました。
珍しモノ好きです。もちろん無添加だからというのもありますが。
スイゼンジノリは水前寺海苔とも書き、水前寺清子を思い出しました^^;
スイゼンジノリ多糖体(サクラン)はヒアルロン酸5倍の保水力があるそうで、ほんまかいなと思っていましたが、ほんまみたいです!
私が化粧水について抱いている 水のようなイメージでなく、ちょっとトロミがありました。
そのトロミ化粧水はお肌にグングン吸い込んでいくじゃありませんか!
ひょっとして浸透美容液ってこんな感じ?みたいに思いました(使ったことないので)。
これはトロミがあるのに、ベタベタしない。
しっとりするのにべたつかず、突っ張らない!
私が使っていた「そのままヒアルロン酸」という生協の化粧水はかなりベタベタしてなかなか乾きません。年齢肌のせいとあきらめていましたが、化粧水が変われば、こんだけ変わる?というくらいの浸透率の良さでした。
普段はミネラルファンデがお気に入りなので、咲水だとある程度肌が乾くまでの待ち時間の少ないこと!それも気に入りました。
なんと言っても突っ張らない。先ほど書いた「そのままヒアルロン酸」でも重ねづけしないと突っ張ります。これもトロミがあるのですが、ベタつき感ありますので、ミネラルファンデの待ち時間が長いのと、待ってる間にまた突っ張ってくる^^;

このような肌の持ち主のアタクシ、咲水めっちゃ気に入りました。
お試しは500円で送料無料というのも気に入りました(^O^)
これからの季節にもピッタリ。
咲水の参考サイトはこちら


ラベル:無添加 化粧水
posted by おリん at 00:53| Comment(0) | スキンケア | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。