2013年02月08日

ドクターズコスメ【フラセラ】

「フラセラ」は六本木の工藤さやか美容皮膚科医 が30万人の肌治療から開発したドクターズコスメ。
フラーレンやAPPS、EGFなどの美肌成分を厳選し配合した化粧品です。
フラセラは1週間のトライアルで92%の方が肌の変化を実感したというから、効き目がありそうです。
ところで、フラーレンやEGFはこのごろよく耳にしますね。
私もEGF配合というのをお試ししたことがあるのですが、ほうれい線がちょっと薄くなったような気がしました。でもお試しはチミっとしかなかったのでまた(/_;)です。

さて、そのフラーレンやEGFについて、ちょっとお勉強してみました。

フラーレンとは、ダイヤモンドと同じ炭素の同素体で、炭素元素60個が対称に配置された物質。
美容ではトラブルや老化の原因である活性酸素を吸収、消去してくれるので美肌作用にとても期待されている。また、ビタミンCの100倍以上の抗酸化作用やプラセンタの800倍も強力なコラーゲン生成促進作用がある。
美白、シワの抑制、セルライト蓄積の抑制効果、紫外線防護と老化防止、毛穴引き締め効果。

EGFとはEGF(ヒトオリゴペプチド-1)とは「Epidermal Growth Factor」の略称で、肌の表面部での成長の因子を意味しています。

EGFは通常「上皮成長因子」と呼ばれますが、「上皮細胞増殖因子」や「上皮細胞成長因子」、「細胞再生因子」と言われることもあります。

EGFとは、発見された当初は火傷を負った肌の再生を目的とし、皮膚再生医療の分野で使用されていた。
その後、有効性が認められノーベル賞受賞の物質として脚光を浴びるようになり、最近では高いアンチエイジング効果に期待され、よく化粧品に配合されている。
肌表面の新陳代謝の活性化→表皮細胞の成長(ターンーバー)を促進させる効果。血流を良くして、コラーゲンの蓄積を促す働きがある。細胞内部の調節・皮膚組織細胞の栄養補給・物質の転化・物質の合成と代謝を促すので、新細胞と老細胞の転化がすばやくなり、いつまでも若々しい皮膚と皮膚弾力を保つことができる。

フラーレンとEGFの他に、APPSやアスタキサンチンも配合された「フラセラ」はちょっと注目ですね。
これからお化粧品を選ぶときはコラーゲンやセラミド、プラセンタの他に上記4種類が入っているかもチェックしたほうが良さそうです。





posted by おリん at 22:34| Comment(0) | スキンケア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。