2012年11月13日

天糸の絹艶 高濃度シルクの保湿クリーム

天糸の絹艶は、あまり知られていないかもしれませんが、昨年の冬の発売以来、雑誌や新聞などでも紹介され、注目を集めている大人気商品です。

メーカー側では敏感肌の方や乾燥肌の方にオススメされています。



『乾燥肌』や『小ジワ』をシルクがケア!24時間続く感動の潤い!


通常シルクは着物などに使われる繊維としておなじみですが、実は人間の肌の構成によく似た18種類のアミノ酸でできたタンパク質です。
肌に付けてもストレスを与えるこはなく、保水力に優れていて、その保水力はコラーゲン以上と言われています。だから、敏感肌の方でも安心して使え、強い潤いを実感できます。
天糸の絹艶の欠点といえるかどうかわかりませんが、その55%がシルクでできているため、通常のクリームに比べて、ベトベトとした感じがありません。付けた感じがサラッとしているのです。

私なんかは大歓迎ですが、お客様の中には、クリームなのにベトベト感が無いのは付けた感じがしない。とおっしゃる方もいらっしゃいます。思われる方もおられるそうです。この点はあらかじめ、ご了承くださいね。

シルクは良いですよ。
私は粉白粉をシルク100%のを使ったことがありますが、肌が数倍キレイに見えます。
粉白粉でこれだけ効果があるのですから、保湿クリームとして使うと、その効果はきっとすごいと思います。

天糸の艶絹は不可能と言われていた量のシルク濃度を実現!

シルクは強力な保湿力を持つ、肌に良い成分ですが、高価で傷みが早いため、化粧品の中には極わずかな量しか入れられず、使っても変化を感じることができませんでした。
しかし「天糸の絹艶」は最先端のシルク研究により、不可能と言われていた量のシルク濃度を実現。しかも、群馬県富岡市産の純国産シルクだけを使用しました。さらに、9つの美肌成分を高濃度に入れることで、塗った瞬間から違いが分かる、特別なクリームが誕生したのです!

保湿成分「シルクフィブロイン」で角質まで潤う!


シルクたんぱく質には、スポンジの様な隙間があり、その隙間に水分を含んでいます。シルクの生地が、しっとりとしているのはこのためです。
シルクが保っている水分量はコラーゲンを上回ほど。この強力な保湿力で、お肌をしっとりと、乾燥から守ってくれます。さらには、シルクフィブロインを構成する18種類のアミノ酸が、お肌に栄養を与えてくれるので、健康的なお肌作りに活躍してくれるのです。

天糸の絹艶は気になる首の年輪にもイイそうです。

天糸の絹艶 配合成分
水、ホホバ油、マカデミアナッツ油、BG、フィブロイン、ステアリルアルコール、アラキデス -20、β-グルカン、ドクダミエキス、ユーカリ葉エキス、ソウハクヒエキス、クララエキス、ポリグルタミン酸、ジメチコン、キサンタンガム、フェノキシエ タノール、オクトキシグリセリン

天糸の絹艶関連サイトはこちら


posted by おリん at 22:21| Comment(0) | スキンケア | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
コチラをクリックしてください
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。