2014年10月28日

花蘭咲シャンプー「花しゃん」

私はシャンプーは、リンス不要が1番だと、常々思っています。
良いシャンプーは、リンスやコンディショナー、トリートメント不要でも、髪がさらさら。
私が使っているのはuruotteですが、ちょっと使ってみたいなと思うシャンプーがありました。

女性用育毛剤花蘭咲ユーザーからの声で誕生したという「花しゃん」。
花蘭咲同様エビネ蘭エキス配合でリンス不要の自然派シャンプーということです。
自然派とかオーガニックというとお値段もそこそこしますが、合えばものすごくいいと思えます。

このシャンプーは育毛シャンプーということで、薄毛や抜け毛に効果が期待でき、ニオイ、ハリ、コシにも効果が期待できるそうです。
他のシャンプーと違う点は、活性ポリ乳酸が成分に含まれている点です。
活性ポリ乳酸が詰まった毛穴汚れを一掃し、エビネ蘭エキスを始め、ユズ、海藻類などの植物エキスがするすると指通り滑らかな髪に仕上げます。

成分は
水、コミカドDEA、ココイルグルタミン酸TEA、BG、ポリクオタニウム-10、ベンチレングリコール、ジグリセリン、エビネエキス、ポリ乳酸、ユズ果皮油、ユズ種子油、ユズエキス、ビバマタエキス、アルゲエキス、グリチルリチン酸2K、エタノール、フェキシエタノール

よく目にするホホバオイルや椿油などの成分配合はなく、ユズ果皮油、ユズ種子油などがその代わりになるのでしょうか?

口コミを見ると、妻のを拝借された男子にも良い効果がみえているそうです。
肌に優しい物は女性だけではなく、男性にも良いという当たり前のことなんですけどね。
育毛剤花蘭咲の方も、女性のために開発されましたが、男性にも使え、やはり効果が見える方が多数おられるということです。
私もuruotteで地肌がたくさん見えていたのが、だんだん露出部分が減ってきたみたいな感じがあります。
シャンプーは思い切っていいのを使いましょう!


タグ:ヘアケア
posted by おリん at 23:23| シャンプー | 更新情報をチェックする

2014年10月14日

乾燥肌の人のBBクリームはアヤナスがいいかも

乾燥肌の人にアヤナスBBクリームがいいですよ。
セラミド2が入っていて、その他もろもろ乾燥肌や敏感肌の人のために作られています。
その上、ものすごく伸びます。

アヤナスBBクリームには1つで7つの役割があります。
7つの役割は、 外部刺激ブロック、保湿、化粧下地、UVカット、エイジングケア、薄化粧、毛穴補正です。

敏感肌や乾燥肌の方が年より老けて見えてしまう年齢差をカバーして、ツヤを与える多機能エッセンスが贅沢に配合されたアヤナス AS BBクリームは、使ってみたらちょっとびっくり。

アヤナスBBクリームは「肌を美しく見せる」特殊技術により、ひと塗りで、伸びまくり、かなり満足の結果が鏡に写ります。


ディセンシアは、乾燥肌・敏感肌対策のスキンケア化粧品ブランドです。
乾燥肌・敏感肌専門のスキンケアブランドだから実現できた、潤いと肌への優しさ。
アヤナスBBクリームは、1回の使用量は小さめの真珠一粒弱だけで全顔ベースメークが完了できる感激の伸びの 良さ。出しすぎて、もったいないからと重ね塗りしすぎると、やっぱり浮きました。

アヤナスBBクリームをチューブからほんのすこし出し過ぎたら、しまった!もったいない!って思うくらい伸びます!
気になるたるみ毛穴・黄ぐすみを徹底カバーできる感動のカバー力、伸び力をぜひ お試してみて下さい。
ブログタイトルは無添加ビューティーなのですが、パラペンなど入っています。
激乾燥肌の私が使ったところでは、まったく大丈夫でした。
全成分
シクロペンタシロキサン、グリセリン、水、酸化チタン、トリエチルヘキサノイン、BG、PEG−10ジメチコン、ジメチコン、ジステアルジモニウムヘクトライト、タルク、酸化鉄、アルギン酸硫酸Na、コウキエキス、セラミド2、ヒアルロン酸Na、ポリHEMAグルコシド、グリチルリチン酸2K、フィトステロールズ、ローズマリーエキス、ニオイテンジクアオイ水、オルメニスミクスタ花水、トコフェロール、セタノール、ジラウロイルグルタミン酸リシンNa、(ジメチコン/ビニルジメチコン)クロスポリマー、トリメトキシシリルジメチコン、セスキイソステアリン酸ソルビタン、ステアリン酸、ステアリン酸スクロース、パルミチン酸スクロース、パルミチン酸デキストリン、ポリグリセリル−3ジシロキサンジメチコン、オレイン酸ポリグリセリル−2、メタクリル酸メチルクロスポリマー、水酸化Al、硫酸Mg、(アクリル酸アルキル/ジメチコン)コポリマー、シリカ、フェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベン

posted by おリん at 22:54| コスメ | 更新情報をチェックする

2014年10月02日

セラミドは乾燥肌に必須!

セラミドが少ない肌のことを乾燥肌って言うんですって。

肌が乾燥するのは、空気のせいだと思っていました^^;
乾燥肌とは、角質層の水分が少なくなることで、健康な角質層は約20%の水分を含んでいるそうです。

なので、お肌の水分量が20%以下になった状態が乾燥肌。
空気のせいではなく、肌内部の問題だったんです!

肌のうるおいのもとは角質細胞で作られるセラミド。
セラミドがお肌の水分の80%を維持しているんだそうです。

セラミドは、水分をサンドイッチ状に挟み込む性質を持っていて、セラミドと水分が幾層にも重なりあってラメラ構造というお菓子のミルフィーユのような構造を作るんですって。

角質細胞と角質細胞の間には、セラミドと水分が8層くらい重なった層がそれぞれあり、細胞どうしの間を水と脂質の織りなす層が埋め尽くしています。

水と脂質は通常結合しませんが、セラミドは水と手をつなぐことのできる不思議な構造をもった脂質。
このセラミドに挟み込まれた水は、湿度が0%になっても蒸発しないし、気温がマイナス20℃になっても凍りません。
この水があるため、人は砂漠でも、南極でも生きていけるんですね~。

なので、セラミドが正常に機能していれば、会社のエアコンがきつくても、空気が乾燥している冬場でも肌は乾燥しないはず。

結論!乾燥肌の根本原因は空気の乾燥ではなく、肌内のセラミド不足。
でも、冬場の乾燥や、エアコンで肌の乾燥を感じる人が多いのは事実ですが、みんなが乾燥肌にはなりません。セラミドがもともと不足している人が乾燥が見られるということです。

ディセンシアの「つつむ」はディセンシアは独自の技術でナノカプセル化に成功。うるおいが不足した部分にパズルのようにはまり、効率的にうるおいを届けてくれるそうです。
保水力200%アップって?!
使ってみなければわからない。
実はディセンシアブランドの敏感肌や乾燥肌のためのエイジングケア「アヤナス」を使ってみたら、ものすごく良かったので、このベーシックスキンケアのつつむにも、期待できるとほぼ確信状態な私です。
ちなみにディセンシアからは美白の「サエル」というのも出ています。

※全商品にではありませんがmフェノキシエタノール、メチルパラベン、プロピルパラベンが入っています。

posted by おリん at 23:31| スキンケア | 更新情報をチェックする